ボンキュート妊活中や妊娠中でも飲んでもいいの?

これから妊娠の予定がある女性や、妊娠・出産・授乳中など、ママになっていく過程で女性の体は大きく変化していきます。

 

バストアップや女性らしい美しさをつくってくれるボンキュートは、この時期の女性の体にどんな影響を与えるのでしょう。
妊娠とプエラリアサプリとの安全な付き合い方を調べてみました。

 

ボンキュートは妊活中に飲んでもいいの?

 

妊活

結論から言うと、用量や飲むタイミングに気をつけていれば妊活中は飲んでも大丈夫です。

 

プエラリアミリフィカに含まれる植物性エストロゲン(主にイソフラボン)は女性らしい丸みを帯びた身体を作り、美肌・美容効果、髪を強くするなど女性の美しさ、若々しさを維持する効果があるほか、卵胞の成熟を促したり、子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を助けます。

 

このことからも判る様に、エストロゲンは妊娠を促すホルモンでもありますので、これから妊娠を考えているという方が飲んでも問題ありません。

 

ただし、プエラリアを過剰摂取してしまうと、逆にホルモンバランスを崩し、生理不順や悪ければ不妊になる可能性もあります。
あくまで過剰に摂取した場合の可能性ですが、身体に効果を及ぼす量には個人差もありますので、妊娠を考えている方であれば少量ずつから始めたり、かかりつけのお医者様に相談することをオススメします。

 

ピルなど、女性ホルモンを増やす作用がある薬や健康食品との併用はしないでください。

 

ボンキュートは妊娠中や授乳中は飲んでもいいの?

 

妊婦

プエラリアの成分は、妊婦さんや授乳中の方は飲むことができません!

 

受精卵が着床して妊娠すると、女性の身体は刻々と変化していきます。
わざわざサプリメントで補給しなくても、女性ホルモンのエストロゲンも、もうひとつの代表的な女性ホルモンであるプロゲステロンも分泌量を徐々に増やし、出産まで増え続けるのです。

 

ただでさえホルモンが活性化する時期ですので、ホルモンバランスが崩れやすくなっています。
外部から「女性ホルモンに似た成分」を取入れることはリスクが高まってしまいますので、妊娠中は飲まないでください。

 

また、授乳中はママが摂取した栄養を母乳として生後間もない赤ちゃんが飲むのですから、赤ちゃんの健康を第一に考えると、飲むのを控えた方が良いでしょう。

 

ボンキュートを飲んではいけない時期って?

 

生理中・生理1週間前・妊娠中・授乳中の時期は服用しない方が良いでしょう。

 

ボンキュートは女性らしいカラダづくりを助けますが、無条件でいつでも摂取して良いものではありません。
ホルモンバランスを崩してしまっては、バストアップどころか副作用を引き起こしかねません。

 

飲まない方が良い時期がいくつかありますので、副作用等を防ぐためにも気をつける事が大切です。

 

その他、近親者に三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)を患った方がいる、婦人科系の病気の経験がある、体力が極端に落ちている、病気で治療中の方などは、事前にお医者様に相談した方が安心です。

 

ボンキュートは産後のいつ頃から飲めるの?

 

時期としては、出産の後に初めて迎えた月経の後から飲むのが良いでしょう。
卒乳してから1ヶ月から3ヶ月後と、個人差があります。

 

授乳後、女性としての大仕事を終えた身体はバストの脂肪が落ち、乳腺や脂肪を支えているクーパー靭帯が伸びてしまうことから、胸がしぼんでしまったり、垂れてしまう感覚を持つ方も多いようです。

 

妊娠・出産で大きく張っていたバストのサイズが落ちてしまうのは、女性の大きな悩みのひとつ。

 

産後、胸が下垂するのを恐れて、早くバストアップサプリで元のハリを取り戻したい!と焦ってしまうかもしれませんが、授乳後しばらくは母乳を作るためのプロラクチンというホルモン分泌が活発な時期。いくらサプリメントを摂取しても、効果を発揮する事ができない状態になっています。

 

このプロラクチンの分泌がおさまってからサプリメントを飲むのが正解です。

 

それまでは

  • バランスのとれた食事から栄養を摂取する
  • クリーム等でバストの保湿をする
  • 体に合った下着を選ぶ
  • 大胸筋を鍛えるストレッチ、マッサージをする

などのバストケアに留めましょう。

 

まとめ

 

ボンキュートに配合されているプエラリアは、注意さえ怠らなければ、女性の若々しさや美しさの強い味方になってくれる成分です。
上手に付き合って、女性らしい魅惑的なボディラインをつくっていきましょう!

 

ボンキュート(Bomcute)の口コミを比較して効果を検証!